働き方

パワハラの相談は意味がない…【実録】職場でパワハラをした上司の末路

こんにちは、Ayamiです。

今回は、【実録】職場でパワハラをした上司・先輩の末路について紹介していきます。

近年問題になっている、パワハラ・モラハラなどのハラスメント。

こういったハラスメント防止対策をどの会社も行っています。

しかし、実際、パワハラ・モラハラなどハラスメントを行った人は一体どうなっているのでしょうか。

これまで私が経験したり、見てきたパワハラを行った人の末路について紹介していきます。

パワハラで悩み、誰か第三者に相談を行おうとしている方は必見です。

目次

  • パワハラ上司を懲らしめようとしても意味がない理由
  • 私が経験してきたパワハラ上司の末路①; 部下をパワハラで鬱にした上司
  • 私が経験してきたパワハラ上司の末路②; パワハラしてきた人が上司にパワハラをされた結果
  • パワハラに耐えられなくなったら…
  • まとめ

パワハラ上司を懲らしめようとしても意味がない理由

パワハラをされてきて、異動・退職を余儀なくさせられたり、精神的に病んでしまったなど被害を被った方も多いはず。

その中で、パワハラ上司をどうしても許せなく、そのパワハラ上司を潰そう・懲らしめようと考える人も少なくないのでは…。

そういったことを考えている方に、上司を潰そう・懲らしめようとしても意味がない理由を紹介していきます。

パワハラ上司を懲らしめようとしても意味がない理由

  1. 会社側が守ろうとするのは上司
  2. 被害者が少なく個人の意見だけでは力不足
  3. パワハラを受けた人は被害妄想が強くなっている

それぞれ解説していきます。

パワハラ上司を懲らしめようとしても意味がない理由①; 会社側が守ろうとするのは上司

会社ではパワハラを禁止しており、どの会社もパワハラ防止策に講じています。

しかし、パワハラはなかなかなくならないのが現状です。

パワハラされた人はパワハラしてきた上司が許せないと思いますが、会社として守ろうとするのは上司です。

上司の方が部下のあなたより、会社にとって価値がありますし、パワハラとして問題になってしまうと会社の価値が下がってしまうからです。

そのため、パワハラされた人の被害妄想として処理し、事を大きくしないように会社側は動きます。

パワハラ上司を懲らしめようとしても意味がない理由②; 被害者が少なく個人の意見だけでは力不足

パワハラを受けたのがあなただけだった場合、パワハラ上司を懲らしめようとしても無意味です。

パワハラで内部通報・相談窓口に相談すると、パワハラの事実確認のため、パワハラ上司やパワハラ上司の下で働く部下にヒアリングが行きます。

そのとき、パワハラ上司の下で働く部下も同様のパワハラを受けたと言えばパワハラの事実に信憑性が増しますが、そうでなければパワハラを受けた人の思い違い・被害妄想として処理されます。

実際、ヒアリングをされるパワハラ上司の部下は、匿名性を担保される・情報は流さないとされてヒアリングを受けますが、パワハラの事実があったとしてもその事実を話してしまうと今の部署に居られない・何かのきっかけで今の上司に自分が言ったことが耳に入り逆上される可能性があると恐怖を感じます。

そのため、パワハラ上司の部下は、事実を話さなかったり、事実を話したとしても遠回しの言い方をしてしまうので、実情が見えなくなってしまいます。

また、本人はパワハラと感じていても、他の部下からはパワハラと思っていないということもよくあります。

パワハラ上司を懲らしめようとしても意味がない理由③; パワハラを受けた人は被害妄想が強くなっている

これまで、いじめに遭ったり、失恋したとき、その時はすごい落ち込んで、お先真っ暗な状態になったけど、時間が経ったら大したことなかったという経験はありませんか?

また、友達の相談に乗っているとき、大したことないと思っていてもそれ以上に友達が落ち込んでしまっているような状況に遭遇したことってないですか?

こういった状況は、パワハラを受けている間にも起こります。

当の本人は、すごく傷つけられた、パワハラを受けたと感じる一方で、実際に客観的に見るとパワハラと感じない…そういったことが起こるのです。

当の本人は、周りの状況や客観的に物事を見れる精神状態ではなくなっているため、自分お都合が良いような考えに陥ってしまいがちになります。

そのため、パワハラとして対処されるということはすごく稀、もしくはあからさまにパワハラに当たるもののみで、ほとんどが被害妄想として処理されます。

私が経験してきたパワハラ上司の末路①; 部下をパワハラで鬱にした上司

私が工場に勤務している頃、仲の良い先輩が上司のパワハラにより鬱になりました。

その上司は、もともとパワハラ気質があり、事務所内で激しく部下を叱責したり、長時間におよぶ説教、見せしめのように部下に恥をかかせるようなことばかり行っていました。

そんな状況を客観的に私は見てきて、「この人の部下に絶対なりたくない」と思ったことを覚えています。

私は、仕事でこの上司に関わることもあったんですが、“めんどくさい人”とレッテルを貼っており、必要以上に関わらないようにしていました。

あるとき、その上司の部下である先輩が会社に来れなくなり、鬱を発症しました。

鬱になると、産業医・人事と面談を繰り返し行うのですが、その面談の中で、「上司のパワハラにより鬱になった」と先輩は主張していましたし、後からそのことを本人に聞きました。

しかし、パワハラを行った上司に伝えられた事実は、「仕事を上手く裁けない自己嫌悪によるもの」でした。

問題を大きくしたくなかった人事は、悪いことは一切言わずに被害者のせいにしたのです。

伝え方、言い回しで相手に伝わり方が変わってきますが、ここまで事実を捻じ曲げるのか…とびっくりした覚えがあります。

こういった打算的なことは会社ではよく起こることです。

そのため、パワハラ上司は何の処罰も受けず、今もノウノウと働いています。

私が経験してきたパワハラ上司の末路②; パワハラしてきた人が上司にパワハラをされた結果

これは、私が社内プロジェクト推進する部署に異動した時の話です。

社内プロジェクトを推進する部署なので、仕事もプロジェクトごとに人が配置されるため、一緒に働く人はプロジェクトによって変わります。

そのプロジェクトマネージャーは、一緒に働くメンバーをことごとくパワハラしました。

パワハラしてきた内容は、叱責はしないものの、何度も何度もやり直しをさせる、質問などわからないことが合って話しかけても常に不機嫌、仕事を奪う、裏で他のメンバーに悪口を言う、メンバーの意見を聞かない、見下した態度を取る、プライドが高い、自分のミスを相手に擦り付け責め立てる、共感力がなく自分の思い通りに行動するよう相手を事細かにコントロールしようとするなど、陰湿ないじめのようなものを行ってきました。

パワハラかつモラハラの融合系の人でした。

そのプロジェクトマネージャーは、1年間で、そのプロジェクトマネージャーの下に付いた2名を鬱や適合障害に陥れました。

また、一時的に私と一緒に仕事をしていた時がありましたが、その時も私と揉めています。

逆に、そのプロジェクトマネージャーの下で働いた人で上手くいった人は居なかったです。

こんなにもたくさんの人を1年間で傷つけてきたプロジェクトマネージャーですが、「自分は悪くない」「自分はメンバーの意向通りに対応してきただけだ」と主張し、全く改善しない、むしろ自分は悪くない・問題ないというような言いぶりを常にしていました。

結局、鬱や適合障害になってしまった人は、この部署に居続けることを選択せず、異動しています。

そんな問題ばかり起こしてきたプロジェクトマネージャーは、ある時この部署のトップでありプロジェクトマネージャーの上司であるAさんと揉めてしまう事件が起きました。

プロジェクトマネージャーに新しいプロジェクトの話があり、準備を進め、社長に報告をしたところ、その新しいプロジェクトを行うことを社長に承認してもらえなかったため、そのプロジェクトは行わないことに決定しました。

そのため、このプロジェクトにこれまで関わってきたメンバーの再配置の検討がなされました。

そのプロジェクトマネージャーは、他のプロジェクトを行うよう指示されたのですが、“そのプロジェクトに興味がなく、そのプロジェクト以外に選択肢がない”ことをAさんに言うとAさんが激怒しました。

そしてすぐに、Aさんとそのプロジェクトマネージャー含む主要メンバーで会議が行われ、

Aさんはプロジェクトマネージャーに対して

「自分が提案したプロジェクトができないのであれば、部外と関わるプロジェクトではなく、部内で完結するプロジェクトを行うか、この部門から出ていくか選択してくれ」

「あなたは、これまでいくつかの問題を起こしてきてプロジェクトマネージャーのレベルに達していない」

「設定されている会議を欠席の連絡もなくボイコットしたあなたの行動は、社会人としてあってはならない」

「自分の好き嫌いで仕事を選んではいけない」

「今まで私はあなたがプロジェクトマネージャーとして、必要な研修や教育を受けさせてきたし、昇格もさせてきた。あなたは、この部門を自分がフィーチャーされる場として捉えている。この部門は、あなたをフィーチャーする部門ではない」

と2つの選択を迫ったのです。

私たちのメインの仕事は、部外と関わるプロジェクトですが、最初に提案したプロジェクトをプロジェクトマネージャーは嫌だと意見してしまったので、この2つの選択肢しか残っていない状況でした。

これを聞いたプロジェクトマネージャーは、苦渋の決断でこの部門を去るという選択をしましたが、ここの部門を去る以外の選択肢を選べないような状況に陥れられた、人格否定をされ、仕事を奪われるパワハラを受けたと認識したのです。

これまで散々いろんな人に対してパワハラを行ってきて、精神的に追い詰めてきたにも関わらず、自分が窮地に立たされると被害妄想をし、自分はパワハラを受けたと勘違いしたのです。

もちろん、このAさんの対応はパワハラでもなんでもありません。

そして、その会議での会話を全てボイスレコーダーで録音し、それを証拠に内部通報してしまったのです。

自分が今までしたことを棚に上げ、自分が少し追い詰められたらすぐに被害妄想し、パワハラと勘違いし、Aさんを許せず内部通報まで行ったプロジェクトマネージャー。

これは、パワハラに当たらないため、内部通報をした記録を残され、人事が把握し、こういった問題行動を取る可能性が高い人と裏で情報が回っていきます。

自分がメンバーにやってきた行いは別の形で自分に戻ってきた経験でした。

パワハラに耐えられなくなったら…

パワハラを受け続けながら長く働き続けることは難しいです。また、パワハラを行う上司が居る会社は、パワハラがまかり通っている可能性が高いです。

パワハラに耐えられない場合は、我慢しないで転職することをオススメします。

人間、簡単に変われません。パワハラをする上司もパワハラをしなくなる保証なんてないのです。

無理に我慢し続けるのは、身体的にも精神的にも良くないです。

転職を検討するのであれば、転職エージェントに相談し、情報収集をすることをオススメします。

転職エージェントに登録し、相談することで転職市場の動向や自分の市場価値が客観的に評価してもらえます。

さらに転職エージェントは転職市場のプロ集団にも関わらず、相談やサポート体制が充実しているのが特徴で、しかも完全無料で相談したり、サポートをしてくれます。

転職エージェントに登録したから絶対転職しなければいけないというのもありません。

転職するorしないは自分に決定権があるので、もし転職しないと決めたのであればそれを転職エージェントに伝えるだけです。

メリットだらけなので、ぜひ登録してみてください。

これから転職活動をしようとしている方向けに、サポートが豊富で私がおすすめする転職エージェントです。

  • 手厚いサポートが特徴的な転職エージェントで、面談対策や入社後にもサポートが受けられ、求人内容も幅広くブラック会社は除外、優良企業のみを紹介していくれることが特徴です。可能な限りサポートを受けたい、優良企業に転職したい方は、こちらの転職エージェントがおすすめです。

  • 所属アドバイザーの約6割が、エージェントランキングにてTOP10入賞経験があり、その所属アドバイザーから徹底した面接トレーニングが受けられ、驚異の内定率86%を誇っている。入社後の定着率は92%以上で、顧客からの満足度も高い転職エージェントです。

  • マイナビ唯一の20代専門サービスで、転職活動の始めから終わりまでサポート(キャリアカウンセリングから求人紹介・面接対策など)してくれ、企業の人事部とのネットワークが豊富で非公開求人が80~90%を占めている転職エージェントです。

まとめ

いかがだったでしょうか。パワハラは禁止されており、防止策も講じている企業も多いですが、パワハラは客観的にパワハラとして認識されることが少なく、ほとんどが被害妄想で片づけられてしまいます。そのため、結果的に問題を大きくしたくない会社は穏便に済ますように調整してきます。被害を受けて仕返しを考えたくなることもあるかと思いますが、劣勢なのはあなたです。本気で仕返しをしたい方は仲間や同士を作り、社内での影響力を持っていくことが必要です。パワハラ上司に仕返しするのではなく、自分がその場から離れていく選択をすることが最善の策でもあります。

参考; 会社で嫌いな同僚・先輩との付き合い方

参考; 嫌いな上司の特徴と上手く付き合うコツ

参考; 職場に必ず一人は居るうざいお局様の対処方法