働き方

出世欲がない人の特徴と人生を上手く生きていくコツ

こんにちは、Ayamiです。

今回は、出世欲がない人の特徴と人生を上手く生きていくコツについて紹介していきます。

「最近の若者は出世欲がない人が多い」というニュースや会社の上司が嘆いているところってみたことはないですか?

最近の若者(特に20代)は、出世するというよりも仕事とプライベートを上手く分けて生活していきたいと考えている人が増えています。

出世欲がないからといって、いい加減に仕事をしていると、後々苦労することになりかねません。

この記事では、出世欲がない人の特徴やリスク、人生を上手く生きていくコツを紹介していきます。

目次

  • 出世欲がない人の特徴
  • 出世欲がない人のリスク
  • 出世したくないと考えている方へ…上手く生きるコツ
  • まとめ

出世欲がない人の特徴

出世欲がない人とは、具体的にどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、出世欲がない人の特徴を紹介していきます。

出世欲がない人の特徴

  1. ガツガツ感がゼロ
  2. 仕事は可もなく不可もなくこなす
  3. 働くことに対する情熱やこだわりがない
  4. 社内の人脈作りに興味がない
  5. モチベーションが高くも低くもない
  6. 自尊感情は高いが自己有用感は低い

それぞれ解説していきます。

出世欲がない人の特徴①; ガツガツ感がゼロ

どちらかといえば、肉食系というよりは草食系で、何かにチャレンジするよりも現状維持を望んでいます。

また、努力して大金を手に入れるよりかは、毎日好きなことをして楽しければそれでいい…というような、ギラついた印象を全く与えません。

出世欲がない人の特徴②; 仕事は可もなく不可もなくこなす

出世欲の強い人などは、「俺が俺が」「私が私が」と自分を推す人が多いですが、出世欲がない人は、決して目立つ存在ではないです。

とはいっても、仕事ができないわけでもなく、基本的なことをこなすスキルはありますが、それ以上でもそれ以下でもないです。

そこそこ「普通」という位置をキープしながら会社に溶け込みんでいきます。

出世欲がない人の特徴③; 働くことに対する情熱やこだわりがない

出世欲がない人にとって、仕事は「こなす」ものであって、「打ち込む」ことではないと考えています。

世の中には自分の夢を実現して、やりたかった仕事に就いた人も居ますが、それは一握りだけの人で、それ以外の大多数の人は、あくまでも仕事は生活のためと割り切っています。

出世欲がない人の特徴④; 社内の人脈作りに興味がない

出世のためと思えば、上司に媚を売るのが苦にならなかったり、コネを作るために飲み会や懇親会も積極的に参加するような出世欲の強い人とは違い、出世欲がない人はコネや人脈作りに全く興味を持ちません。退社後のプライベートな時間を会社の人と過ごすなんて…という意識が強いです。

出世欲がない人の特徴④; モチベーションが高くも低くもない

出世欲がないからと言って、全く働かないというわけではなく、仕事に対する熱意がないわけでもありません。

ただ、「頑張りすぎない程度に働ければいい」くらいのモチベーションをキープしているので、上司や先輩からは「やる気がない」と誤解されてしまうケースもあります。

出世欲がない人の特徴⑤; 自尊感情は高いが自己有用感は低い

出世欲がない人は、自分自身のことを好きだと感じる「自尊感情」はそこそこあるのに対して、自分は会社の役に立っていると感じる「自己有用感」はあまり高くありません。

そのため、「今回は自分が居たから受注を取れた」「新しい企画を成功してみせる」みたいな変な気負いがないのも特徴です。

出世欲がない人のリスク

出世欲がないからといって努力もせずに、毎日楽ばかりしていると将来思ってもみなかったようなツケが回ってくることもあります。

現実は、そんなに甘くないので40~50代になってから深刻な事態に陥る可能性があるということをしっかり理解してください。

出世欲がない人のリスク

  1. リストラの対象になりやすい
  2. 後輩が上司になる
  3. 社内に居場所がなくなる
  4. 給料が上がらない
  5. 転職したくてもできない

それぞれ解説していきます。

出世欲がない人のリスク①; リストラの対象になりやすい

勤続年数ばかり長いくせに、仕事ができなければ知識も技術もない、そんな金食い虫のような社員は、格好のリストラの標的です。

あの時もっと頑張っておけば…と後悔したところでもう遅いのです。

出世欲がない人のリスク②; 後輩が上司になる

「出世欲もなく役職もなし」という状態が長く続いていると、気づくと後悔が上司になっていた…なんてことはよくあることです。新入社員の頃に仕事を教えた相手に毎日がみがみ小言を言われたり、指示を受けたりすることは、意外と苦痛で切ないものです。

出世欲がない人のリスク③; 社内に居場所がなくなる

出世もしないでノラリクラリと過ごしていると、徐々に社内で煙たがられる存在になっていきます。上司や先輩からは呆れられ、後輩たちからは陰でバカにされ…といった状態になってしまい、行き場を無くしてしまうかもしれません。

出世欲がない人のリスク④; 給料が上がらない

40~50代になると、同世代の人との格差がリアルに感じられるようになります。

特に出世もせずにいると、もらうお給料の金額の差は歴然で、「マイホームを建てた」「新車を買った」という話題に付いていけなくなります。

出世欲がない人のリスク⑤; 転職したくてもできない

何らかの事情によって、勤めている会社を辞めざるを得なくなった場合、出世していないと転職が難しくなります。

年齢は重ねているのに、マネージメント経験がない、部下を育成した経験がないと経験不足と判断されかねません。

誰だっていい歳とった使えない人を雇うより、若くてやる気のある人材に魅力を感じるはずです。

出世したくないと考えている方へ…上手く生きるコツ

出世欲がない人のリスクについて紹介してきましたが、出世をせずにリスクを少なく長く働くためにどのようにしていけばよいのでしょうか。

出世したくないと考えている方へ…上手く生きるコツ

  1. 何か特定領域のプロフェッショナルとして社内で認知してもらう
  2. いつでも転職できるようスキルを磨く
  3. 出世という概念がない仕事に転職する

それぞれ解説していきます。

出世したくないと考えている方へ…上手く生きるコツ①; 何か特定領域のプロフェッショナルとして社内で認知してもらう

これはある意味、社内での立場を確立してしまうことです。

「この仕事だけは誰よりも知識・スキルがある自信がある」という仕事を持つこと重要です。

もしくは、社内でも希少性が高い業務をすることをオススメします。

こうすることで会社側は、「この人が居なくなったら仕事・業務が回らなくなってしまう」と思い、貴重な人材として扱ってくれます。

出世したくないと考えている方へ…上手く生きるコツ②; いつでも転職できるようスキルを磨く

仕事に繋がる新しい知識や技術を身に付けることをオススメします。

いつリストラされるかわからない状況になるので、いつでも転職できるようにスキルを磨いたり、会社から貴重な人材として扱われるためにもスキルを磨くことは重要です。

こうすることで、今の会社に居続けることも転職をすることもどちらも自分の意志で選択できるようになります。

私がおすすめする資格取得やスキル習得のオンライン講座

  • 難関資格・国家資格を目指す方向けで、忙しい方でも通勤時間などのスキマ時間で学べ、わかりやすく、安価あるため、現在受講 者3万人を超えているオンライン資格講座です。資格取得講座の種類も豊富で、法律系・会計系・ビジネス・実務系・不動産向け資格・ビジネススキル系などがあります。


  • 低コストでオンライン講座を受講したい方向けで、月額 980円で28講座の資格学習コンテンツが利用可能で資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービーや過去問を徹底分析した問題演習機能があるオンライン資格講座です。

出世したくないと考えている方へ…上手く生きるコツ③; 出世という概念がない仕事に転職する

出世と言う概念がない仕事や業務に思い切って転職してしまうのも手です。

具体的には、組織に属せず個人で仕事を請け負ったり、組織には属するけど歩合制給料が決まる営業のような仕事に就くこともお勧めです。

いきなり、組織に属さず働いたり、歩合制で働くのは勇気がいると思うので、まずは組織性が低い職種に転職し、人脈とスキルを磨きながら、独立するなり歩合制で働くなりしてみるのもお勧めです。

いきなり転職活動をするのは気が引けると思うので、まず、転職エージェントに相談し、情報収集をすることをオススメします。

転職エージェントに登録し、相談することで転職市場の動向や自分の市場価値が客観的に評価してもらえます。

さらに転職エージェントは転職市場のプロ集団にも関わらず、相談やサポート体制が充実しているのが特徴で、しかも完全無料で相談したり、サポートをしてくれるんです。

こういったサービスを使わない手はないですよね。

転職エージェントに登録したから絶対転職しなければいけないというのもありません。

転職するorしないは自分に決定権があるので、もし転職しないと決めたのであればそれを転職エージェントに伝えるだけです。

メリットだらけなので、ぜひ登録してみてください。

スキルアップのために転職を検討している方向けに、私がおすすめする転職エージェントです。

  • 手厚いサポートが特徴的な転職エージェントで、面談対策や入社後にもサポートが受けられ人あたり平均10時間、求人内容も幅広くブラック会社は除外、優良企業のみを紹介していくれることが特徴のため、可能な限りサポートを受けたい、優良企業に転職したい方は、こちらの転職エージェントがおすすめです。

  • 所属アドバイザーの約6割が、エージェントランキングにてTOP10入賞経験があり、その所属アドバイザーから徹底した面接トレーニングが受けられ、驚異の内定率86%を誇っている。入社後の定着率は92%以上で、顧客からの満足度も高い転職エージェントです。

  • マイナビ唯一の20代専門サービスで、転職活動の始めから終わりまでサポート(キャリアカウンセリングから求人紹介・面接対策など)してくれ、企業の人事部とのネットワークが豊富で非公開求人が80~90%を占めている転職エージェントです。

まとめ

いかがだったでしょうか。出世欲がない人は、仕事をそこそこ行い、プライベートを楽しむタイプであるということが言えます。しかし、出世欲がないことで起きるリスクもあるので、リスクを十分理解し、自分が今後どう長く働いていけるのか考えてみてくださいね。

参考; 将来性のない会社の特徴とは..?衰退していく企業

参考; 会社員はもう稼げない…会社に尽くしても報われない理由