働き方

【衝撃】無駄な仕事ばかりさせる会社…無駄な仕事が無くならない理由

こんにちは、Ayamiです。

今回は、【衝撃】無駄な仕事ばかりさせる会社…無駄な仕事が無くならない理由を紹介していきます。

サラリーマンで会社勤めしている方、会社の業務は無駄なものばかりだと感じたことってありませんか?

  • なんのためかわからない会議
  • なんのためかわからない資料作成
  • 無駄に多い資料確認
  • 長時間の説教
  • 意味のわからない朝礼
  • 身に付かない研修

など、そう思いながら働いている人は多いと思います。

私の会社でも、無駄に長い会議や「それ必要?」と感じる資料など、周りを見渡せば無駄な仕事ばかりです。

今回は、無駄な仕事が無くならない理由と無駄な仕事であなたの人生を消耗させないための方法について紹介します。

目次

  • 私が会社に入ってまず感じたこと
  • 無駄な仕事が無くならない理由
  • 無駄な仕事ばかりさせられないために…
  • 無駄な仕事のせいで人生を無駄にしないために…自分の価値を高める時間の使い方
  • まとめ

私が会社に入ってまず感じたこと

誰もが会社に入社すると、業務効率化・業務改善・コストダウンという言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

私は会社に入社したての頃、先輩や上司が口を揃えて、

「業務改善しろ!!」

「コストダウンするために何をしなければいけないか考えろ!!」

と口を酸っぱく言われてきました。

そのため、業務改善案やコストダウンできる案を考えることが重要であること、お金を無駄に使うことは悪…と思いながら仕事をしていたことを今でも覚えています。

先輩・上司全員が全員口を揃えて言うので、ある意味洗脳されていたんだと思います。

そんな中、毎日仕事をしていたんですが、仕事を覚えていくうちに

「業務改善・コストダウンってみんな言ってて実践しているはずなのに、なんでこんなに無駄な仕事ばかりしているの?」

と思ったんです。

この時は、まだ純粋だったので、無駄な仕事がたくさんあるからそう言われてきたのかなと思っていました。

そして、入社3年目の頃に部署が異動し私が働いていた工場のコスト管理担当になりました。

コスト管理なので、予算作成や毎月の売上や製造原価を確認するような業務なのですが、その業務を進めるために過去の製造原価実績などを確認していた時、

「全然コスト下がってなくない?」

「これだけ業務改善・コストダウンが言われてそれをみんなが必死で行ったら、製造原価10%(当時製造原価60%)とかになるの?そんなことあり得ない…」

と思いました。

この現実を直視し、業務改善・コストダウンは全然実施されていないということ、製造原価を占める割合が大きいのは、材料費・賃借料であり、労務費なんて微々たるものでした。

この時、先輩・上司から長年言われてきた業務改善・コストダウンは、ただ言うだけで全然実行に移されていないということを理解しました。

私は、この現実を知ったとき、「会社ってそうゆうものなのか…」と俯瞰してみるようになりました。

実際、6年間その工場で働きましたが、その場しのぎの改善が多く、全くコストダウンで機内ものばかりでした。

さらに、全てがその場しのぎなので設備投資で巨額のお金を投入しても期待効果が得られない・使えないというものばかりでした。

無駄な仕事が無くならない理由

あなたが行っている仕事にもたくさんの無駄が存在していると思います。

無駄な仕事は効率を落とすだけなのに、どうして会社から無駄な仕事が無くならないのか、紹介していきます。

無駄な仕事が無くならない理由

  1. 無駄を改善しても経営者にリターンがない
  2. 無駄な時間で損害を受けるのは社員のみ
  3. 経営者は無駄に気づけない

無駄な仕事が無くならない理由①; 無駄を改善しても経営者にリターンがない

無駄な朝礼や会議を無くしたとして、経営者にとってプラスになると思いますか?

答えは、残念ながらノーです。

現場の社員としては、その数分、数時間でも他の仕事ができるようになるかもしれませんが、その時間を削ったところで何十万円、何百万円の利益が生まれるわけではないので、朝礼や会議などをなくしても経営者にとっては大した利益はありません。

その一方で、習慣になっていることを変えるには手間がかかってしまいますし、形骸化したとしても、「うちの会社では社員全員でこんなことをしています」「定例会議を実施しているので社内の風通しも良いです」と社外にアピールするためのネタにもなるので残しておこうとなります。

無駄な仕事が無くならない理由②; 無駄な時間で損害を受けるのは社員のみ

社員にとっては、無駄な仕事であっても経営陣にとってはそうではないです。

そもそも経営陣と社員では働き方が違います。

経営陣は、会社のために自分で采配を振ることができるため、不要な会議や朝礼を断ることができます。

一方で、社員は上司や部下などに振り回され、自分の思い通りに動くことが出来ないので無駄な時間を過ごさざるを得ません。

社員にとっては無駄なことでも、経営陣に損害が被ることがなければなかなか改善されることはありません。

無駄な仕事が無くならない理由③; 経営者は無駄に気づけない

会社は、ある程度のビジネスモデルが構築されていれば、社長や経営陣なしでも業務は普通に回ります。

そして、経営陣は社員一人一人の業務を全て把握しているわけでもなく、社員一人一人の業務を理解しよう・知ろうとする経営陣はほとんどいません。

そのため、どのように業務を行っているのか、その中で無駄な業務は何か…知る機会がまずないのです。

もちろん、経営陣はなにもしていないのではなく、収支や資産に関するチェックや資金調達などを行っていますが、実際手足となって動くのは社員です。

よっぽど生産性が悪く業績が落ちている場合でもない限り、経営者が業務の無駄に気づく機会はありません。

無駄な仕事ばかりさせられないために…

上役に期待したところで会社の無駄はなくならないことがわかったと思います。

会社のトップは現場の無駄にさほど関心がないので、無駄な業務を何とかしたいと思うなら自分で行動するしかありません。

もちろん、ただ無駄な業務に対して愚痴を言うだけではダメで、上司に問題点と改善策を提示してみてください。

多くの人は会社に無駄が多いと感じているので、あなたの一言が改善のきっかけになるかもしれません。

貴方が意見したことで批判され、評価が下がるような会社であれば転職を考えてください。

無駄な仕事のせいで人生を無駄にしないために…自分の価値を高める時間の使い方

生産性のない無駄な業務は、あなたの仕事の時間だけなく、あなたの大切な人生の時間も奪っています。

協調性も大切ですが、何もかも周りと足並みを揃える必要はないです。

無駄な説教や、仕事の手戻り、無駄な確認が発生しないよう仕事の完成度も上げていくことが重要です。

そうしてできた時間を自分の価値を高めるための時間として使っていってください。

自分の価値を高める時間の使い方

  1. 本を読む
  2. スキルアップのため、資格習得やビジネススキルを学ぶ
  3. 副業を始めてみる
  4. 転職活動を行ってみる

自分の価値を高める時間の使い方①; 本を読む

本を読むのであれば、仕事の休憩時間や通勤時間など隙間時間にできます。

本を読むことが趣味である場合は、息抜きに好きな本を読んで時間を有意義に使うのも良いです。

何か知識を身に付けたいという方は、ビジネス書や自己啓発本がおすすめです。

本は自分の知見を深めたり、未知の分野に関する知識を学んだりすることで視野を広げることができます。

自分の価値を高める時間の使い方②; スキルアップのため、資格習得やビジネススキルを学ぶ

スキルアップのため資格習得に励むのも良いですが、これまで会社で働いてきたことによってビジネスマナーやビジネススキルを身に付けてきていると思いますが、ここでもう一度ビジネスマナーやビジネススキルを学び直すこともお勧めです。

自分の価値を高めることが出来れば、仕事のチャンスが広がり、新たなフィールドで活躍できる可能性があります。

自分の価値を高める時間の使い方③; 副業を始めてみる

働き方改革の影響で副業を容認する会社も増えてきています。

そこで、隙間時間を副業に回すこともお勧めです。

副業できるスキルをなにも持っていない方は、まず今の業務に似た仕事をクラウドソーシングサービスで探してみることも良いでしょう。

そのためには、まず今までの経歴の棚卸をする必要があります。

これまで行ってきた業務や経験、自分が今持っているスキルを洗い出してみましょう。

副業をしていたらそれが本業になってしまった…という方も数多く居ます。

副業からビジネスチャンスが広がり独立できる可能性もあります。

自分の価値を高める時間の使い方④; 転職活動を行ってみる

職場に無駄が多すぎる、何を提案しても承認が得られない・改善されないなど、現状を打破するのが困難な場合は、転職を視野に入れることをオススメします。

いきなり辞職してしまったり、転職活動について右も左もわからない状況ではハードルが高すぎるので、まずは転職エージェントに登録し情報収集をすることをオススメします。

転職エージェントに登録し、相談することで転職市場の動向や自分の市場価値が客観的に評価してもらえます。

さらに転職エージェントは転職市場のプロ集団にも関わらず、相談やサポート体制が充実しているのが特徴で、しかも完全無料で相談したり、サポートをしてくれるんです。

こういったサービスを使わない手はないですよね。

転職エージェントに登録したから絶対転職しなければいけないというのもありません。

転職するorしないは自分に決定権があるので、もし転職しないと決めたのであればそれを転職エージェントに伝えるだけです。

メリットだらけなので、ぜひ登録してみてください。

サポートが豊富で私がおすすめする転職エージェントです。

  • 手厚いサポートが特徴的な転職エージェントで、面談対策や入社後にもサポートが受けられ、求人内容も幅広くブラック会社は除外、優良企業のみを紹介していくれることが特徴です。可能な限りサポートを受けたい、優良企業に転職したい方は、こちらの転職エージェントがおすすめです。

  • 所属アドバイザーの約6割が、エージェントランキングにてTOP10入賞経験があり、その所属アドバイザーから徹底した面接トレーニングが受けられ、驚異の内定率86%を誇っている。入社後の定着率は92%以上で、顧客からの満足度も高い転職エージェントです。

  • マイナビ唯一の20代専門サービスで、転職活動の始めから終わりまでサポート(キャリアカウンセリングから求人紹介・面接対策など)してくれ、企業の人事部とのネットワークが豊富で非公開求人が80~90%を占めている転職エージェントです。

まとめ

いかがだったでしょうか。無駄な仕事は今もこれからも会社から無くなることはありません。一生無駄な仕事をやり続けた先に何があるのか考えてみてください。無駄な仕事続けて40代50代になった頃に、リストラ・希望退職の斡旋に遭い、今の仕事を辞めなくてはいけない状況になる可能性だってあるのです。その時に、社外で通用するスキルも実績もなく、転職出来ない…という状況に陥ってしまいます。一度きりの人生、自分のことだけを考え満足する人生を歩んでくださいね。

参考; 職場に居る働かないおじさんの特徴と対応策

参考; 職場に居る生活残業する人の特徴

参考; あなたの上司は無能?無能な上司の特徴

参考; 無駄な仕事や余計な仕事を増やす人の恐るべき実態

参考; 左遷させられたかも…と思ってしまったときの対処方法

参考; 【実録】他人の手柄を横取りする人の驚くべき実態と対処方法